平成21年4月1日 島原病院

目的 -第1条-
島原病院の運営について地域の意見を幅広く求めるため、病院長の諮問機関として、島原病院運営協議会(以下「協議会」という。)を設置する。
協議会は、島原病院の運営について、病院長の諮問に応じ、意見を述べる。
委員 -第2条-
協議会の委員は20人以内とし、次の各号に掲げる者のうちから病院長が委嘱する。
(1) 島原市、南島原市及び雲仙市(以下「三市」という。)の長の補助機関である職員
(2) 三市の議会議員
(3) 島原市医師会及び南高医師会の役員
(4) 関係行政機関の職員
(5) 公共的団体の役員その他地域住民を代表する者
委員の任期は2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。
会長及び副会長 -第3条-
協議会に会長1名及び副会長1名を置き、委員の互選によってこれを定める。
会長は、協議会を統括し、協議会を代表する。
副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。
会議 -第4条-
協議会は、会長が招集する。
協議会の会議は、委員の過半数が出席しなければ開くことができない。ただし、第2条第1項第1号から第5号の委員については、当該機関に属する職員の代理出席を認める。
会長は、協議会の会議の議長となり、議事を整理する。
庶務 -第5条-
協議会に関する庶務は、島原病院において処理する。
その他 -第6条-
この要綱に定めるもののほか、協議会の運営に必要な事項については、別に定める。
附則
この要綱は、平成21年4月1日から施行する。
PAGE TOP