病院沿革

病院沿革

1966年(昭和41年) 温泉を利用したリハビリテーション専門病院として、
「長崎県立島原温泉病院」開設
内科、外科、整形外科、理学診療科
1971年(昭和46年) 「原子爆弾被爆者指定医療機関」指定
1973年(昭和48年) 脳神経外科 常設
1983年(昭和58年) 救急告示病院に指定
1996年(平成8年) 災害拠点病院(地域災害医療センター)に指定
1997年(平成9年) 放射線科 常設
1999年(平成11年) 麻酔科 常設
新病院起工
2001年(平成13年) 小児科 常設
2002年(平成14年) 新病院開院
名称を、「長崎県立島原温泉病院」から「長崎県立島原病院」に改称
一般病床250床(うちHCU4床)、感染症4床、
MRI(磁気共鳴断層撮影装置)、CT(断層撮影装置)、
DSA(全身用血管造影撮影装置)、RI(ガンマカメラ)、
リニアック(放射線治療装置)の整備
泌尿器科、眼科 常設
2003年(平成15年) 「臨床研修病院(管理型)」に指定
2004年(平成16年) 「地域医療支援病院」の承認
2005年(平成17年) (公財)日本医療機能評価機構による「病院機能評価」の認定
2006年(平成18年) 強度変調放射線治療(IMRT)実施機関の承認
2007年(平成19年) 「地域がん診療連携拠点病院」に指定
2009年(平成21年) 運営主体が「長崎県」から「長崎県病院企業団」に移行し、
名称を「長崎県立島原病院」から「長崎県島原病院」に改称
脳卒中センターに認定
2010年(平成22年) 電子カルテ 導入
(公財)日本医療機能評価機構による「病院機能評価」の認定(Ver6.0)の認定
2011年(平成23年) CT(64列)へ更新、MRIの2基目導入(MRI棟増築)
2013年(平成25年) HCUの増床(4→8床)
2014年(平成26年) 7対1一般病棟の1病棟を地域包括ケア病棟へ変更
2015年(平成27年) (公財)日本医療機能評価機構による「病院機能評価」の認定(3rdG:Ver.1.1)の認定
2016年(平成28年) 「院内保育所」開設
2017年(平成29年) 第1MRIを3テスラへ更新、365日リハビリテーションの実施
2018年(平成30年) 電子カルテ 更新
PAGE TOP