呼吸器内科詳細

超高齢社会を迎えて、肺癌、肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息をはじめとする呼吸器疾患患者さんの診療の重要性は更に高まってきています。患者さんが、元気で(生きのいい)、質の高い(活き活きした)生活(クォリティ・オブ・ライフ、QOL)が送れるように、不断の(息の長い)努力を積み重ねて、高いレベルの呼吸器疾患診療の提供を目指しています。

医師紹介

院長
木下 明敏
AKITOSHI KINOSHITA
【専門医・資格】
日本内科学会総合内科専門医・認定医・指導医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本癌治療学会臨床試験登録医
日本緩和医療学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・指導責任者
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医師
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医
日本プライマリケア連合学会認定プライマリケア認定医
臨床研修指導医・研修プログラム責任者
日本サイコオンコロジー学会認定コミュニケーション技術研修会ファシリテーター
日本緩和医療学会「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」推薦指導者
緩和ケアの基本教育に関する指導者
日本医師会認定産業医
身体障害者福祉法(第15条第1項)指定医師
難病(第6条第1項)指定医
日本医師会医療安全推進者養成講座修了
がんのリハビリテーション研修修了
医療事故紛争対応人材養成講座(40時間)修了
日本医療技能評価機構
医療クオリティマネジャー
日本医師会・日本医療技能評価機構
医療対話推進者
緩和ケア研修会修了医師

【患者さんへのメッセージ】

島原半島での中核病院の呼吸器内科として、各々の呼吸器疾患患者さんに応じた専門性の高い診療の提供を目指しています。

医長
菅崎 七枝
NANAE SUGASAKI
【専門医・資格】
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本呼吸器学会専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
臨床研修指導医
緩和ケア研修会修了医師

【患者さんへのメッセージ】

呼吸器内科は主に「肺」の病気の診療を行っています。一人ひとりの症状や状況にあった診療を心がけていきたいと思います。

医長
中島 章太
SHOTA NAKASHIMA
【専門医・資格】
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
臨床研修指導医
緩和ケア研修会修了医師
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター

【患者さんへのメッセージ】
地域の医療に貢献できればと思います。よろしくお願いいたします。

医師
芦澤 博貴
HIROKI ASHIZAWA
【専門医・資格】
緩和ケア研修会修了医師

【患者さんへのメッセージ】
まだまだ未熟者ですが、精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。

医師
田中 康大
YASUHIRO TANAKA
【専門医・資格】
緩和ケア研修会修了医師

【患者さんへのメッセージ】
島原の地域医療に貢献できるように精一杯頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

特色・実績

  • 特色
  • 代表的疾患
  • 検査・治療件数

地域がん診療連携拠点病院の呼吸器内科として、呼吸器疾患の中でも特に高い専門性が要求される肺癌の診療に力を入れており、島原市をはじめ、島原半島地域を中心として大勢の肺癌入院患者さんがありました。新規の抗癌剤や放射線療法との組み合わせなどにより治療成績の向上を目指しており、種々の臨床試験(多施設共同研究)にも取り組み、情報発信できるように努めています。放射線科と連携し、体幹部定位放射線治療(SBRT)も行っています。放射線科との連携のみならず、手術が適応となる肺癌患者さんは呼吸器外科をもつ施設と連携して、診療科・診療施設の枠を超えた集学的治療を行っています。他施設の呼吸器外科で手術を受けた肺癌患者さんも基本的には当院呼吸器内科でフォローしています。癌性疼痛に対してはオピオイドを積極的に用いて苦痛の除去を図っており、緩和ケアチームへもコンサルトしながらQOLを考慮した緩和医療にも努めています。病病連携、病診連携により在院日数も短縮でき、地域で安心して治療が受けられています。また、管理栄養士が中心となって、抗がん剤治療で食欲が低下した患者さんの特別メニューを作成し、個別にもきめ細かな対応に努めています。

肺癌以外にも中核病院として、肺炎・気管支炎・細気管支炎、気胸、間質性肺炎など、地域の医療機関で専門的な検査や治療が必要な患者さんを診療しています。肺炎では、基礎疾患を抱える高齢の患者さんを中心に、基本的には外来診療で行う軽症肺炎(重症度0)も入院治療となることがあります。重症度別では中等症(重症度1、2)の患者さんが最も多いですが、重症(重症度3)超重症(重症度4、5)の患者さんも、地域の基幹病院として診療にあたっています。重症肺炎の患者さんは平均年齢も高く、誤嚥を繰り返すため遷延化しやすく、医師、看護師のみならず、リハビリ(PT、ST)、管理栄養士などの多職種からなるチームで懸命に治療を行っていますが、回復にも時間がかかり在院日数も長くなっています。

呼吸療法認定士の資格をもつ理学療法士を中心に、COPDなどの慢性呼吸不全や肺癌術後の患者さんの呼吸リハビリテーションも積極的に行っています。これまで述べてきたように呼吸器疾患患者さんに対して、専門的知識を有する呼吸器内科医師、看護師、臨床工学技士、リハビリ、管理栄養士などの多職種で医療チームとなって診療を行っています。

また、クリティカル・パスを気管支鏡検査、抗がん化学療法、呼吸リハビリテーションなどで導入し、積極的に運用しています。呼吸器疾患患者の入院・外来症例も多く、かつ各種の学会の施設認定を受け、内科専門医のみならず呼吸器内科専門医、臨床腫瘍(内科)専門医、緩和ケア専門医、アレルギー専門医、感染症専門医など種々の専門医を目指す医師にも、十分な研修ができる施設となっています。

肺癌

気管支炎・肺炎

気管支喘息

気胸

非結核性抗酸菌症

慢性閉塞性肺疾患

胸膜炎

間質性肺炎

≪代表的疾患と入院患者数≫

疾患名 入院患者数(延べ)
肺癌(C34) 625
気管支炎・肺炎(040080,040090) 140
肺化膿症(040150)
結核(040160) 10
非結核性抗酸菌症(040170) 17
気管支喘息(040100) 44
間質性肺炎(040110)
慢性閉塞性肺疾患(COPD)(040120) 16
気胸(040200) 21
胸膜炎(040050,040190)

≪代表的な手術・治療と件数≫

手術名 手術件数
気管支内視鏡的処置
肺癌 (抗がん化学療法) (のべ件数) 494
   内訳 入院 335
      外来 159
人工呼吸 (J0458) 44
胸腔ドレナージ 61

≪検査と件数≫

検査名 検査件数
気管支内視鏡検査(D302) 152
経気管肺生検(D415)(EBUS-GSなし) 100
EBUS-GS 65
 気管支肺胞洗浄 17
 EBUS-TBNA
胸腔内視鏡
PAGE TOP