看護部

看護理念

「あらゆる健康レベルの患者さんが、その人らしい生活を過ごされるために、(私たちは)専門職として自律した行動と責任を果たします」
「人間観」を「人間は反応しつつ成長する存在」「成長は自己実現への力動」「人間はセルフケア能力を内在する」と置き、看護は相互関係にあり、
患者と看護師はfifty-fiftyの立場で、成長を相互に享受することを根底に置いています。

看護部長・JNA認定看護管理者
田中 静子
SHIZUKO TANAKA

長崎県島原病院は、島原半島の救急医療を担う地域の中核病院です。地域に対し、安全で安心な質の高い看護の提供を目指しています。
当院は平成3年普賢岳噴火災害を体験し、この体験からの学びは大きく今の看護にもつながっています。「自分に何が出来て何が出来ないていないのかを明確にして自己の自律を図ること」「自立度を明確にした上で目標に向かい、お互いに支援しあいチームを形成すること」そして「癒やしあえる関係づくり」です。
「地域医療の向上に寄与すること」が、当院の目指す医療であり地域と連携を図り、地域に密着した病院でありたいと考えています。

副看護部長(看護部教育担当)
小松 美佳
MIKA KOMATSU

組織は人で成り立っています。そして人は目標によって動機づけられ、教育によって成長し自らのキャリアを形成します。
看護の質向上に向けて、看護師一人ひとりの看護実践を支援する教育プログラムを企画・運営しています。

副看護部長兼地域医療支援センター副センター長(看護部業務担当)
松尾 美津子
MITSUKO MATSUO

職員が働きやすい環境を整えるため、業務管理や看護用品や医療機器の管理を行っています。職員と協働し、安心して療養していただけるよう取り組んでおります。

看護部目標

1、受け持ち看護師が役割と責務を理解し、質の高い看護を提供します
2、働きやすい、やりがいのある職場環境を提供します
3、安定した健全病院経営に参画します

看護部方針

  1. 患者・家族の人権と権利を尊重し、個別的存在として受け止めます。
  2. よい人間関係を保ち、心を癒すケアをします。
  3. 安全で安楽な看護を基本として、ニーズの充足を図ります。
  4. インフォームドコンセントのもとに、患者・家族との相互理解に努め自己決定できるよう支援します。
  5. 患者・家族と話し合い、自立への支援をします。
  6. 笑顔を忘れず、やさしさと思いやりのある看護をします。
  7. 組織の一員として経営意識を高め、病院運営に積極的に参画します。
  8. 専門職業人としての立場と役割を認識して自己啓発に努めます。
  9. 医学の進歩、医療を取り巻く社会動向に関心を持ち、看護教育・研究を推進します。

看護部概要

  • 看護要員 正規198名(令和2年4月現在)
  • 看護体制 一般病棟入院基本料 看護配置7:1
  • 看護単位 8単位:4病棟 ICU 手術室 外来 地域包括ケア病棟
  • 勤務体制 3交代制 2病棟
    変則2交代制 4病棟 外来
    オンコール体制 手術室
  • 夜勤者数 深夜勤務3名 準夜勤務3~4名 地域包括ケア病棟2名
  • 看護提供方式 固定チームナーシング

各部署の紹介

  • 外来
  • 3階東病棟
  • 4階東病棟
  • 4階南病棟
  • 5階東病棟
  • 5階南病棟
  • ICU
  • 手術室

外来

外来では『患者さんへの心配り』『分かりやすい説明』をモットーに、スタッフが連携し、患者さんが安心して診療が受けられるように努めています。
スタッフは一般診療介助をはじめ、内視鏡検査・放射線検査の介助と多岐に渡って業務を行っています。また、二次救急医療施設として、救急患者を24時間体制で受け入れています。
がん薬物療法看護・がん放射線療法看護・救急看護の認定看護師を配置し、それぞれの専門領域の看護場面で活躍しています。

脳神経外科、整形外科(周手術期)

脳神経外科と整形外科の混合病棟で、8割以上の緊急入院を受け入れています。緊急入院が多い中で、患者さん・ご家族の不安や緊張を少しでも和らげることや、安心・安全な環境づくりに心がけています。
両診療科とも急性期からリハビリを行い、早期離床・機能回復への支援が必要となります。医師をはじめ、様々な職種と連携し、退院に向けた支援を行っています。

消化器内科、血液内科、循環器内科、一般内科

4診療科の多様な疾患に対応できるようにトレーニングや学習会を実施し、専門的な知識や技術を高めるよう日々研鑚しています。また、島原半島で唯一、血液疾患の診療を行っており、2部屋 の無菌室を備えています。
安心して治療を受けることができるよう、笑顔で説明や対応を行うよう努めています。

呼吸器内科・泌尿器科・放射線科・麻酔科

呼吸器内科は、主に肺癌、肺炎の患者さんが多く入院されています。
特に肺癌の患者さんに対しては、診断のための検査から化学療法や放射線治療など幅広い治療を行っています。
泌尿器科も同様に診断から様々な疾患に対応した手術、化学療法などの治療を行っています。
感染病床4床(陰圧室2床)を有し、感染症にも対応します。

外科、整形外科、小児科

外科、整形外科、小児科の混合病棟です。患者さんの安全な入院生活を支援し、スムーズに治療が継続できるように多職種との連携に努めています。
外科は年間460件以上の手術があり、手術前・手術後・退院後の生活を見据えた看護を行っています。また皮膚排泄ケア認定看護師も所属しており、褥瘡・人工肛門など介入を行っています。整形外科においては腰椎圧迫骨折など保存的治療の疾患が主となっています。小児科は急性気管支炎、喘息性気管支炎、熱性けいれん、乳児発熱、急性腸炎、川崎病などの疾患が主であり、乳児から中学生まで幅広く対応しています。

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟では、急性期治療を経過した患者や在宅で療養を行っている患者を受け入れています
①在宅・施設療養患者さんの病状悪化を予防するリハビリを行い、安定した療養生活を支援します。
②在宅復帰支援計画に基づき、主治医をはじめ看護師、専従のリハビリテーションスタッフ、医療ソーシャルワーカー等が協力し、 効率的に患者さんの在宅復帰に向けた準備・相談を行います。

≪レクリエーション≫
寝たきり予防・認知症ケアとして毎日、ぬり絵・ゲー ム・折り紙・歌・ラジオ体操などを企画しています。

ハイケアユニットとして運用

手術や疾患、事故等の侵襲により重篤な状態で入室される患者さんに対し、安心安全で専門性のある看護ケアを24時間、集中的に提供しています。
脳卒中センターとして脳神経外科の医師とともに、意識障害患者の発症早期からの診断を積極的に行い、脳梗塞、脳出血患者の治療に努めています。
患者の高齢化、高度医療の推進による重症患者の増加に対応するため、8床を効率的に運営をしています。

手術室

手術室は5部屋で外科・整形外科・脳外科・泌尿器科の手術を年間約1300例行っています。また、中材業務も担っています。
看護師は3名1チームで手術介助を行います。患者さんの安心感を与え、寄り添った看護を目的に手術前後の訪問を行い、安全・安心の医療の提供に努めています。
基本技術から新しい情報技術まで、部署内研修・院内外研修参加や研究発表など積極的に参加し、情報交換を行うなど自己研鑚に努めています。

認定看護師・診療看護師のご紹介

PAGE TOP