地域がん診療連携拠点病院 

地域がん診療連携拠点病院

 平成19年4月に施行されたがん対策基本法の基本理念にのっとり、厚生労働省は、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん診療拠点病院の整備をすすめてきました。
 当院は平成19年より地域がん診療連携拠点病院に指定されています。

地域がん診療連携拠点病院の役割
1.専門的ながん医療の提供
2.地域におけるがん診療連携協力
3.がん患者さんに対する相談支援及び情報提供
主な指定要件
1.放射線治療の充実
2.化学療法の充実
3.緩和ケアの提供
4.医療従事者等への研修実施
5.相談支援部門(医療相談室)の設置
6.がん登録による情報の集約
 ・長崎県島原病院のがん部位別集計資料(2010〜2014)
長崎県のがん診療拠点病院
都道府県がん診療連携拠点病院:長崎大学病院
地域がん診療連携拠点病院:佐世保市立総合病院、長崎市立市民病院
日本赤十字社 長崎原爆病院
長崎医療センター、長崎県島原病院

指定証
指定証(平成27年3月更新)