長崎県島原病院看護部
HOME

ごあいさつ

溝田小夜子

看護部長 溝田小夜子

長崎県島原病院は、島原半島の救急医療を担う地域の中核病院です。地域に対し、安全で安心な質の高い看護の提供を目指しています。

当院は、平成3年普賢岳噴火災害を体験し、この体験からの学びは大きく今の看護にもつながっています。「自分に何が出来て何が出来ていないのかを明確にして自己の自律を図ること」「自律度を明確にした上で目標に向かい、お互いに支援しあいチームを形成すること」そして「癒しあえる関係づくり」です。

「地域医療の向上に寄与すること」が、当院の目指す医療であり地域と連携を図り、地域に密着した病院でありたいと考えています。

そして看護部は

  • 看護は相手の気持ちを感じることから始める
  • 看護診断能力を拡大し、やりがいのある仕事にする
  • 問題解決能力を高め、主張できる看護職になる
  • 働きやすい環境を整える                 を目標に活動していきます。


line

田中静子

副看護部長(看護部教育担当) 田中静子

「質の高い看護」を提供するために、人材(人材)育成に取り組んでいます。




  • *キャリア開発ラダーを基盤とする教育体制の整備
  • *看護補助者の接遇・技術向上ための研修


line

池田芳子

副看護部長兼地域医療支援センター副センター長
(看護部業務担当) 池田芳子

職員が働きやすい環境を整えるため、業務管理や看護用品や医療機器の管理を行っています。職員と協働し、安心して療養していただけるよう取り組んでいきます。

このページの先頭へ