長崎県島原病院看護部

看護部の教育体制

看護部教育理念

質の高い看護を提供するために、専門職として主体性のある行動ができる看護師を育成する。

教育目標

  1. 一人ひとりが専門職として、自己実現の目標が設定でき、常に自己の成長を目指し自律した行動ができるよう能力を開発・育成する。
  2. チームが、お互いの自己実現のための目標を明確にする過程に支援し、その目標を尊重し、達成に向けて支援できる組織を育成する。
  3. 個人を尊重し、共感を持って人々と関わることができるような態度を育成する。
  4. 看護を取り巻く社会環境の変化に、対応できるよう育成する。

レベル別研修

・ 看護実践能力・役割開発プログラム
 キャリアを明確にし、役割機能の到達目標を明示した教育開発プログラム
↑

 レベルIV 管理コース
 レベルIII 中堅コース
 レベルII  リーダーコース 
 レベルI  基礎2 (卒後2年及び在院2年)
        基礎1 (卒後1年及び在 院1年)


新人教育

新人の教育は、固定チームにおける支援体制の一環として、新人教育はエルダーが1対 1の関係で新人を受け持ち、現任教育を支援しています。また、副看護師長の教育グループが中心となって集合教育やローテーション研修を実施し、病院全体で教育環境を整えています。

新人看護職員研修プログラム

新人看護職員研修プログラム
※クリックすると拡大画像(PDFファイル)で見れます

このページの先頭へ