長崎県島原病院看護部

看護部の紹介

看護理念

「あらゆる健康レベルの患者さんが、その人らしい生活を過ごされるために、(私たちは)専門職として自律した行動と責任を果たします」

「人間観」を「人間は反応しつつ成長する存在」「成長は自己実現への力動」「人間はセルフケア能力を内在する」と置き、看護は相互関係にあり、患者と看護師はfifty-fiftyの立場で、成長を相互に享受することを根底に置いています。

看護部方針

  1. 患者・家族の人権と権利を尊重し、個別的存在として受け止めます。
  2. よい人間関係を保ち、心を癒すケアをします。
  3. 安全で安楽な看護を基本として、ニーズの充足を図ります。
  4. インフォームドコンセントのもとに、患者・家族との相互理解に努め自己決定できるよう支援します。
  5. 患者・家族と話し合い、自立への支援をします。
  6. 笑顔を忘れず、やさしさと思いやりのある看護をします。
  7. 組織の一員として経営意識を高め、病院運営に積極的に参画します。
  8. 専門職業人としての立場と役割を認識して自己啓発に努めます。
  9. 医学の進歩、医療を取り巻く社会動向に関心を持ち、看護教育・研究を推進します。

看護部概要

  • 看護要員 正規203名 (平成28年4月現在)
  • 看護体制 7対1看護
  • 看護単位 8単位:5病棟 ICU 手術室 外来
  • 勤務体制 病棟・ICU:3交代
           外来:2交代 手術室:オンコール体制
  • 夜勤者数 深夜勤務3名、 準夜勤務3~4名
  • 看護提供方式 固定チームナーシング

このページの先頭へ