お知らせ

新型コロナウイルス感染症対策による面会禁止と療養上のお願い

長崎県でも新型コロナウイルス感染症患者が発生しています。
院内での患者発生を防止するために令和2年4月2日より全病棟面会を禁止しております。
4/8の国の非常事態宣言を受け、新たに面会許可条件が変更されました。
ご不便をおかけいたしますが、次の通りご協力をお願いいたします。

面会を許可される家族について

非常事態宣言の対象地域である7都府県(東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡)からは面会禁止。
患者さんが手術・検査の場合など、病院から来院を依頼されている家族のみ。

・ご家族は受付で検温を受けて下さい。
・必ずマスクの着用をお願いします。
(持参されていない方には病院から簡易のマスクをお渡しします)
・面会簿を記載し「入館許可証」は面会終了まで身に着けて下さい。
・ご家族は最低限(1~2名)とします。
・中学生以下の面会はお断りいたします。
・手術、検査等のご家族の待機場所は、食堂(デイルーム)でお願いします。

療養に必要な荷物の受け渡しについて

・ご家族は受付で検温を受けて下さい。
・面会簿を記入し、「入館許可証」を身に着けてナースステーションに行き、荷物の受け渡しを行って下さい。
・午後3時より5時までにお願いします。(5時に玄関を閉鎖します)

付き添いを許可されているご家族について

・発熱(37.5℃以上)や体調が悪い場合は、付き添いを他のご家族と交代して下さい。
・他病室への出入りはご遠慮下さい。

入院中の患者さんへのお願い

・患者さんの外出、外泊を制限させていただきます。
・外来患者さんとの交差を避けるために、できるだけ自室でお過ごし下さい。
・デイルームの使用もお控え下さい。
・やむを得ず病室外に出た場合は、帰室後は必ず手洗いを行って下さい。                                        

PAGE TOP