NST(栄養サポートチーム)

1.NSTとは

患者さんの栄養状態が悪化することで、病状の悪化や回復の遅延、免疫力の低下、褥瘡の発生などを引き起こし、治療に悪影響を与えます。そのため、栄養管理は治療を進めるうえで大変重要な役割を担っています。

NSTはNutorition Support Teamの略で、医師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・看護師・リハビリスタッフなどの専門スタッフが連携し、それぞれが専門的な知識や技術を出し合い、総合的な知見から栄養管理を行うことを目的とした医療チームのことです。

栄養管理には輸液の選択、摂食嚥下リハビリの実施、患者さんの情報など様々な要素が絡んできます。各職種で必要な情報を持ち寄り、総合的に検討を行うことで、より理想的な栄養管理を導くことができます。

2.当院のNSTメンバーの構成と各職種の役割

職種 構成 役割
医師 専任5名
  • 対象患者の病状、身体状況の把握。
  • 現行の栄養療法が適しているかの総合的な判断。
  • 今後の栄養管理の方針決定、提案。
看護師 8名(うち専任 4名
  • 担当病棟の対象患者の状況把握。
  • 身体測定など情報収集。
  • 患者担当Nsへの指示、伝達。
  • 主治医との調整(NST介入の是非、栄養管理方針の伝達、確認等)
  • 各職種への情報提供、介入依頼
薬剤師 2名
  • 静脈・経腸栄養療法における処方支援・設計
  • 栄養療法における医薬品の適正使用の推進
臨床検査技師 1名
  • NST回診患者の最新検査結果の提供及び回診時の検査結果説明。
  • 新規栄養評価検査項目の院内導入。
リハビリスタッフ 1名(言語聴覚士)
  • リハビリ内容の報告。
  • 運動消費量の計算。
  • 日常生活活動レベルの評価。
  • 患者の栄養状態に合わせたリハビリ。
  • 嚥下(飲み込み)の評価を行い食事形態の提案。
  • 口腔内のチェック。
管理栄養士 4名
  • 対象患者の栄養状態、摂取状況の把握、評価。
  • 状況に合わせた食事内容の検討。
  • 問題点(摂取不良や低栄養など)の原因検索。
  • 栄養投与方法の提案。
  • 対象患者、家族への食事指導、アドバイス。
  • 回診資料の作成。
  • 回診の実施に関する種々の調整。
  • 回診後に本人、家族へ栄養治療計画について説明。
  • 転院先への情報提供

3.NST介入までの流れ

当院では様々な視点で対象となる患者さんの抽出を行っています。抽出後は主治医の指示のもと、NSTが介入します。

※島原病院NST介入の流れ

4.当院NSTの活動状況

NST回診(カンファレンスを含む)

 

毎週2回、対象患者の栄養状態についてチームでカンファレンス・回診を行っています。カンファレンスでは、各職種が情報・問題点を持ち寄り、今後の栄養管理の方向性を話し合います。

カンファレンスの後に回診を行い、実際に患者さんとお会いして状況を確認していきます。

NST委員会

 

月1回、NST委員会を開催し、回診時の問題点や今後のNST活動等について話し合います。また、これまで介入した患者さんについての事例検討を行い、回診の振り返りも行っています。

勉強会

 

~院内勉強会~
病院職員を対象に、NST・褥瘡委員会合同で定期的に院内勉強会を行っています。

≪平成27年度の内容≫

  1. NST介入について
  2. NSTの意義、症例について
  3. 当院の濃厚流動食と補助食品について
  4. DESIGN-Rについて
  5. ポジショニングについて・検査データの見方・輸液の特徴について

~地域医療連携公開セミナー~
地域連携室と合同で、院内職員、地域の医療・介護従事者を対象に勉強会を開催しています。

≪昨年度の内容≫
テーマ「誤嚥防止のために、私たち医療・介護者ができること」
講師 長崎みなとメディカルセンター 看護師 桑原 薫先生

5.学会認定、資格

NST稼働施設認定

日本栄養療法推進協議会(JCNT)、日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)より、NST稼働施設の認定を受けています。

 

NST専門療法士:管理栄養士2名、薬剤師1名

※日本静脈経腸栄養学会が認定する資格です。

6.にゅーとりしょん・あらかると

定期的にNSTに関する様々な情報を取り扱った広報誌「にゅーとりしょん・あらかると」を院内スタッフ向けに発行しています。

≪バックナンバー≫
第1号 腸が機能しているなら腸を使おう!絶食期間をできるだけ短く!!
第2号 リフィーディング症候群
第3号 島原南高NST研究会報告
第4号 第28回日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)学術集会 参加報告
第5号 必要エネルギーの算出
第6号 腸の機能を維持しよう
第7号 胃切除後の栄養管理
第8号 小腸切除後の合併症
第9号 低栄養はなぜ悪い!?
第10号 褥瘡の栄養管理part1
第11号 褥瘡の栄養管理part2
第12号 新規採用補助食品の紹介!!
第13号 経管栄養における器材の管理について①
第14号 経管栄養における器材の管理について②
第15号 脂肪乳剤について
第16号 NSTと生化学検査
第17号 METsについて
第18号 身体計測について
第19号 経管栄養のポイント
第20号 整腸剤について

PAGE TOP