• GE横河メディカル Signa MR/i 1.5T
  • シーメンス MAGNETOM Avanto with T-class

 最新機器の詳細はこちらのページをご覧ください

検査目的

MRI検査とは、エックス線の代わりに磁石と電波を使って体の内部を写真に撮る検査です。コンピュータ処理であらゆる方向の断面を撮ることができます。エックス線検査では困難な神経、筋肉、血管などの軟部組織の撮影に優れています。

検査時間
約30分〜1時間
年間件数
約5,800件(平成27年度)
その他

心臓ペースメーカーや刺激電極、人工内耳などを身につけている方は検査を受けることができません。また、脳動脈瘤クリップなどの金属が埋め込まれてる方は検査を受けられないことがありますので、担当医または検査担当者にあらかじめお知らせください。

金属類(鍵・アイシャドウなど)や磁気カード(キャッシュカード・クレジットカードなど)の検査室への持ち込みはできません。

MRIガイド下マンモトームを今秋(H23.11〜)より始めました。
 近年ではマンモグラフィや超音波よりも精度が高い「乳房MRI検査」が有用と考えられています。また、乳がんと確定するための検査には、病変の一部を採取し、顕微鏡でみてがん細胞かどうかを判断します(細胞診、組織診)。
 MRIでしか見えない病変にMRI検査をしながら行う吸引式乳腺組織生検(MRIガイド下生検:マンモトーム)が有用と考えられており、これにより早期発見・早期治療が行えるようになります。

ガイド下マンモトーム
シーメンス社より提供
画像
頭部 頭部 頭部
頭部 頭部 頭部
脊椎(腰椎) 脊椎(腰椎) 股関節
脊椎(腰椎) 脊椎(腰椎) 股関節
MRCP 腹部MRI 乳房MRI
MRCP(胆嚢・胆管・膵管) 腹部MRI 乳房MRI
全脊椎MRI MRA(頭部血管) 全身diffusion(拡散強調画像)
頭部MRA
MRA(頭部血管)
全脊椎MRI 頚部MRA 全身diffusion
(拡散強調画像)