病院理念、概要等 

病院理念

「患者さん本人の立場に立った医療」

病院指針

  1. 早期診断、早期治療、早期リハビリテーションを医療の基本指針とします。
  2. 診療にあたっては、インフォームド・コンセント(納得診療)を基本にして、患者中心の医療を展開します。
  3. 早期退院と医療の継続を目的に、病診連携・保健・福祉の連携など、地域につながるチーム医療を展開します。
  4. 地域医療を支援する施設として、常に医療水準の向上に努めます。
  5. 経営基盤の確立に努め、協働、相互扶助、相互啓発を職場の規範として、活力ある病院づくりを進めます。

患者さんの権利と責任

  1. 個人の尊厳を守られる権利があります。
  2. 公平で適切な医療を受ける権利があります。
  3. 診療内容について、正確でわかりやすい説明を求め、真実を知る権利があります。
  4. 十分な説明を受けた後、自らの意志で検査・治療に同意し、あるいは拒否する権利があります。
  5. 個人情報を守られる権利があります。
  6. 最善の医療を実現するために、自ら積極的に医療に参加する責任があります。

△このページの先頭に戻る

病院沿革

1966年
(昭和41年)
温泉を利用したリハビリテーション専門病院として、
「長崎県立島原温泉病院」開設
内科、外科、整形外科、理学診療科
1971年
(昭和46年)
「原子爆弾被爆者指定医療機関」指定
1973年
(昭和48年)
脳神経外科 常設
1983年
(昭和58年)
救急告示病院となる
1996年
(平成8年)
災害拠点病院(地域災害医療センター)に指定
1997年
(平成9年)
放射線科 常設
1999年
(平成11年)
麻酔科 常設
新病院起工
2001年
(平成13年)
小児科 常設
2002年
(平成14年)
新病院開院
名称を、「長崎県立島原温泉病院」から
「長崎県立島原病院」に改称
一般病床250床(うちICU4床)、感染症4床
ICU(集中治療室)、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)、
CT(断層撮影装置)、DSA(全身用血管造影撮影装置)、
RI(ガンマカメラ)、リニアック(放射線治療装置)などの整備
泌尿器科、眼科 常設
2003年
(平成15年)
「臨床研修病院(管理型)」に指定
2004年
(平成16年)
「地域医療支援病院」の承認
2005年
(平成17年)
(財)日本医療機能評価機構による「病院機能評価」の認定
2006年
(平成18年)
強度変調放射線治療(IMRT)実施機関の承認
2007年
(平成19年)
「地域がん診療連携拠点病院」に指定
2009年
(平成21年)
「高次脳卒中センター」に認定
運営主体が「長崎県」から「長崎県病院企業団」に移行し、
名称を「長崎県立島原病院」から「長崎県島原病院」に改称
2010年
(平成22年)
「新病院情報システム(電子カルテ)」の稼働
2010年
(平成22年)
日本医療機能評価(Ver6.0)の更新
2011年
(平成23年)
CTを最新機種(管球2台装着)へ更新、MRIの2基め導入(MRI棟増築)
2013年
(平成25年)
ICUの増床(4→8床へ)
2014年
(平成26年)
7対1一般病棟の1病棟を地域包括ケア病棟へ変更

△このページの先頭に戻る

施設基準等一覧表(平成27年5月1日現在)

基本診療料の施設基準等
  • 一般病棟入院基本料             7対1入院基本料
  • 臨床研修病院入院診療加算
  • 救急医療管理加算・乳幼児救急医療管理加算
  • 超急性期脳卒中加算
  • 診療録管理体制加算2
  • 医師事務作業補助体制加算 15対1
  • 急性期看護補助体制加算 50対1
  • 療養環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 無菌治療室管理加算1、無菌治療室管理加算2
  • がん診療連携拠点病院加算
  • 栄養サポートチーム加算
  • 医療安全対策加算1
  • 感染防止対策加算2
  • 患者サポート体制充実加算
  • 退院調整加算
  • 救急搬送患者地域連携紹介加算、救急搬送患者地域連携受入加算
  • 呼吸ケアチーム加算
  • データ提出加算2
  • ハイケアユニット入院医療管理料1
  • 小児入院医療管理料5
  • 地域包括ケア病棟入院料1
特掲診療料の施設基準等
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • がん患者指導管理料1、2
  • 外来リハビリテーション診療料
  • 夜間休日救急搬送医学管理料
  • 外来放射線照射診療料
  • 開放型病院共同指導料
  • 地域連携診療計画管理料
  • がん治療連携計画策定料
  • がん治療連携管理料
  • 肝炎インターフェロン治療計画料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1、医療機器安全管理料2
  • 造血器腫瘍遺伝子検査
  • 検体検査管理加算(II)
  • 心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
  • 埋込型心電図検査
  • 時間内歩行試験
  • 長期継続頭蓋内脳波検査
  • 神経学的検査
  • 画像診断管理加算1
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 大腸CT撮影加算
  • 抗悪性腫瘍剤処方管理加算
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 心大血管疾患リハビリテーション料(I)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
  • 運動器リハビリテーション料(I)
  • 呼吸器リハビリテーション料(I)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 組織拡張器による再建手術
  • 脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。)及び脳刺激装置交換術
  • 脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
  • 乳がんセンチネルリンパ節加算2
  • 経皮的冠動脈形成術
  • 経皮的冠動脈ステント留置術
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  • 体外衝撃波胆石破砕術
  • 膀胱水圧拡張術
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術
  • 胃瘻増設術(内視鏡下胃瘻増設術、腹腔鏡下胃瘻増設術を含む)
  • 輸血管理料II
  • 輸血適正使用加算
  • 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  • 胃瘻増設時嚥下機能評価加算
  • 麻酔管理料(I)
  • 放射線治療専任加算
  • 外来放射線治療加算
  • 高エネルギー放射線治療
  • 1回線量増加加算
  • 画像誘導放射線治療(IGRT)
  • 体外照射呼吸性移動対策加算
  • 直線加速器による定位放射線治療
  • 定位放射線治療呼吸性移動対策加算(その他)
  • 病理診断管理加算1
その他
  • 入院時食事療養(I)
  • 保険外併用療養費

△このページの先頭に戻る