がん地域連携パスについて

(1)がん地域連携パスとは

がん地域連携パスとは、患者さんに安心、安全で質の高い医療を提供することを目的としています。「連携パス」は、計画策定病院(島原病院)と連携医療機関(かかりつけ医)が、診療計画、検査結果、治療経過等を共有するためのツールとして活用しています。
「連携手帳」は患者さんが自分で携帯し、医療機関での診察時に提出し、診察結果や検査結果などを医師が記載します。そのため病状の経過が患者さんも確認できます。

(2)がん地域連携パスの対象疾患

疾患 パスの種類 対象
乳がん 術後フォローアップ
(ホルモン療法含む)
治癒切除後
再発の兆候なし
胃がん 術後フォローアップ
術後補助化学療法
ESD
StageI、それ以外の補助化学療法を行わない症例
補助化学療法を必要とするStage II, IIIの症例
治癒切除後
大腸がん 術後フォローアップ
術後補助化学療法
治癒切除後
治癒切除後
肝がん 術後フォローアップ 手術後で術後補助化学療法の必要のない患者
肺がん 術後フォローアップ
術後補助化学療法
肺癌切除後(病理病期ⅠAおよびⅠB期)
肺癌切除後(病理病期ⅠAおよびⅠB期)
膵がん 術後フォローアップ
(補助化学療法含む)
膵がん切除後
前立腺がん 術後フォローアップ
ホルモン療法フォローアップ
放射線治療後フォローアップ
PSAフォローアップ
根治手術後再発兆候が無く重大な合併症を認めない
病勢進行がなく、PSA値が安定している
治療後再発兆候が無く重大な合併症を認めない

 

(3)がん地域連携パスを運用しているがん拠点病院

長崎大学病院 長崎医療センター
佐世保市総合医療センター 長崎みなとメディカルセンター
日赤長崎原爆病院 諫早総合病院
佐世保中央病院 長崎県島原病院

 

(4)現在長崎県島原病院と連携パスを運用している医療機関数

乳がん 胃がん 大腸がん
医療機関数 10 5 4
PAGE TOP