整形外科詳細

医師紹介

診療部長
兼診療情報管理室長
伊藤  茂
SHIGERU ITO
【専門医・資格】
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ医
日本整形外科学会リウマチ医
臨床研修指導医・研修プログラム責任者
緩和ケア研修会修了医師

【患者さんへのメッセージ】

わかりやすい説明と最適な治療を目指して日々精進を重ねて参ります。

医長
中村 智治
TOMOHARU NAKAMURA
【専門医・資格】
日本整形外科学会専門医
緩和ケア研修会修了医師
【資格所有の学会以外の所属学会】
日本ペインクリニック学会

【患者さんへのメッセージ】

がんばります。よろしくお願いします。

医師
中村 郁也
FUMIYA NAKAMURA
【専門医・資格】
日本整形外科学会専門医
緩和ケア研修会修了医師

【患者さんへのメッセージ】

地域医療に貢献します。

医師
寺本 圭賢
YOSHIMASA TERAMOTO
【専門医・資格】
緩和ケア研修会修了医師

【患者さんへのメッセージ】

長崎県長崎市出身ですが、島原の医療に貢献できるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

特色・実績

  • 特色
  • 代表的疾患
  • 手術件数

四肢外傷、膝痛、股関節痛を中心に診療を行っております。思いやりのある効率的で質の高い医療を理念とし、安全、確実な治療を目指して治療を行っております。患者さんにとって最適で負担の少ない手術を導入するよう努力しております。

四肢外傷

高齢者に対する手術が多くなっております。大腿骨近位部骨折は年間約200例手術をさせて頂いております。高齢者はさまざまな病気を抱えておられることが多いです。他科、あるいは近隣の医療機関と協力して、合併症の発生を防ぎ、手術後は早期離床、積極的なリハビリテーションを行っています。

股関節・膝関節の人工関節手術を中心とした関節外科

人工股・膝関節置換術は、成績の安定した手術です。ほとんどの場合、長期間にわたって、痛みが軽くなり、歩行が楽になります。

人の生活動作の基本は、立つ、歩く、物を持つなど自分の体を動かすことです。この体を動かす部分を運動器といい、骨、関節、靭帯、腱、神経、筋肉などが含まれます。整形外科は、これらの運動器の病気(疾患)や怪我(外傷)を診療します。われわれ整形外科医を含むスタッフは、患者さんの疾患、悩みを親身になってうかがい、生き生きとした生活を取り戻すお手伝いをします。

大腿骨近位部骨折

上下肢外傷

変形性膝関節症・変形性股関節症

≪代表的疾患と入院患者数≫

疾患名 入院患者数(延べ)
大腿骨近位部骨折 211
その他下肢の骨折 87
人工関節置換術 35
上肢の骨折 96

≪代表的な手術と件数≫

手術名 手術件数
大腿骨転子部骨折における髄内釘 140
大腿骨頸部骨折における人工骨頭挿入 64
大腿骨頸部骨折における骨接合
人工膝関節形成 26
人工股関節形成
下肢骨折における骨接合 87
上肢骨折における骨接合 96
 
PAGE TOP